VAISSELLE of ORLANDO


HOME > VAISSELLE

VAISSELLE
食器・キッチンツール

IMG_3684 (1).jpgIMG_3692.jpgIMG_3708.jpgIMG_3716.jpgIMG_3700 (1).jpgIMG_3724.jpg
IMG_3731.jpgIMG_3740.jpgIMG_3046 (1).jpgIMG_2933.jpgIMG_2954.jpgIMG_2344.jpg
IMG_1988.jpgIMG_1996.jpgIMG_2006.jpgIMG_2018.jpgIMG_0945 (1).jpgIMG_0933.jpg
IMG_0750.jpgIMG_0808.jpgIMG_0768.jpgIMG_0774.jpgIMG_0809.jpgIMG_0784.jpg
IMG_0789.jpgIMG_0297.jpgIMG_0107 (1).jpgIMG_0117 (1).jpgIMG_9546 (1).jpgIMG_9551 (1).jpg
IMG_9556 (1).jpgIMG_9561 (1).jpgIMG_9601 (1).jpgIMG_9571 (1).jpgIMG_9576 (1).jpgIMG_8549.jpg
IMG_8563.jpgIMG_8516.jpgIMG_8535.jpgIMG_7890.jpgIMG_5568 (1).jpgIMG_5648 (2).jpg
IMG_5382 - バージョン 2.JPGIMG_6032.JPG

NEW
IMG_3684.jpg
Bol de Culnoir
FRANCE
1800年代中期〜1800年代後期

直径   17㎝ ※把手を含む
口の直径 12.5㎝
高さ   7㎝

SOLD

Culnoirの耳付きのカフェオレボウル。


お椀のような形状にピョコっと飛び出た2つの耳が特徴的なボウル。


片手でも持ちやすいように、耳に親指と人差し指をひっかけて、手のひらを器胎に添えて持ち上げて使います。


驚くほど状態が良く、Culnoir好きが好む貫入は見られませんが、色合いや縁から垂れる釉薬の景色は格別です。


縁に小さな欠けが3箇所、見込みに窯キズがございます。

NEW
IMG_3692.jpg

Petit plat de culnoir
FRANCE
1800年代中期〜後期

直径 17㎝
高さ 4.5㎝

SOLD

Culnoirのかなり珍しいサイズの小皿。


縁裏の窯キズ以外は全く無傷の完品となります。


焼成時に既にできたのか、貫入はしっかりと入っており、見込みにナイフキズ(ほとんど目立ちませんが)がございますので、実際に使用していたのは間違いありませんが、それにしてもよほど大事に扱っていたのか、あるいは他のサイズの皿に比べると小さくてまだ軽い方なので、落としたりぶつけたりすることが少なかったのかもしれません。


副菜やおつまみ用など、使えるサイズでレアーな一品です。

NEW
IMG_3708.jpg

Plat de culnoir 平皿A
FRANCE
1800年代中期〜後期

直径 20㎝
高さ 3.5㎝

SOLD

Culnoirの平皿。


大きくもなく小さくもなく丁度良いサイズ感で日常的に使える一品ではないでしょうか。


びっしりと貫入が入っており良い表情です。


縁の部分に当り傷が見られますが、本体はしっかりしており使用には全く問題ございません。



IMG_3708.jpgIMG_3709.jpgIMG_3710.jpgIMG_3711.jpgIMG_3712.jpg
IMG_3713.jpgIMG_3714.jpgIMG_3715.jpg

購入数量

NEW
IMG_3716.jpg

Plat de culnoir 平皿B
FRANCE
1800年代中期〜後期

直径 20㎝
高さ 3.5㎝

SOLD

Culnoirの平皿。


大きくもなく小さくもなく丁度良いサイズ感で日常的に使える一品ではないでしょうか。


びっしりと貫入が入っており良い表情です。


裏面には高台がついております。


縁の部分に当り傷が見られますが、本体はしっかりしており使用には全く問題ございません。

IMG_3716.jpgIMG_3717.jpgIMG_3718.jpgIMG_3719.jpgIMG_3720.jpg
IMG_3721.jpgIMG_3722.jpgIMG_3723.jpg

NEW
IMG_3700.jpg

Plat de culnoir スープ皿
FRANCE
1800年代中期〜後期

直径 21㎝
高さ 4㎝
¥15,120

Culnoirのスープ皿。


大きくもなく小さくもなく丁度良いサイズ感で日常的に使える一品ではないでしょうか。


びっしりと貫入が入っており貫禄があります。


底部がやや湾曲しておりますので多少ぐらつきますが、木のテーブルやクロスの上では問題ございません。


擦り傷、当り傷が見られますが、まだまだ現役で問題なくお使いいただけるレベルです。




IMG_3700.jpgIMG_3701.jpgIMG_3702.jpgIMG_3703.jpgIMG_3705.jpg
IMG_3704.jpgIMG_3706.jpgIMG_3707.jpgIMG_2941.jpgIMG_2944.jpg

購入数量

NEW
IMG_3724.jpg

Plat de culnoir 平皿大
FRANCE
1800年代中期〜後期

直径 29.5㎝
高さ 4.5㎝
¥19.440

Culnoirの大きめの平皿。


大きいといっても器そのものの厚みがあるので、大きく見えますが現実的なサイズ感です。


びっしりと入った貫入の表情がよく、普段使いとしても無理のないサイズではないでしょうか。


縁に当り傷がございますが、ご使用には差し支えございません。

IMG_3724.jpgIMG_3725.jpgIMG_3726.jpgIMG_3727.jpgIMG_3728.jpg
IMG_3729.jpgIMG_3730.jpg

NEW
IMG_3731.jpg

Plat de culnoir 深皿A
FRANCE
1800年代中期〜後期

直径 26㎝
高さ 6㎝
SOLD

Culnoirの深皿。


器胎にボリュームがありますので大きく見えますが、ご家族や数名とシェアするようなシーンでは普段使いでも使えるサイズ感ではないでしょうか。


サラダでもパスタでも煮物でも、なんでも受け止めてくれそうな一品です。


かなり使い込まれており、見込み部にはナイフ傷がびっしりと入っておりますが、大きな欠けやヒビなどはなく、まだまだ現役で活躍しそうです。


NEW
IMG_3740.jpg

Plat de culnoir 深皿B
FRANCE
1800年代後期〜1900年代初期

直径 31㎝
高さ 6.5㎝
¥21.600

Culnoirの深皿。


かなり大きめですので、特別な日用やプロユースにオススメです。


縁に当り傷があるものの、使用感が少なく、特に見込み(内側)はナイフ傷など全くなく綺麗な状態。


これから使っていく中で育てる楽しみがありますね。


IMG_3740.jpgIMG_3741.jpgIMG_3742.jpgIMG_3743.jpgIMG_3744.jpg
IMG_3745.jpgIMG_3746.jpg

購入数量

NEW
IMG_3228.jpg

Ravier jauner A
FRANCE
1800年代後期〜1900年代初期

幅  15.5×25.5㎝
高さ 3.5㎝

SOLD

南仏の前菜用の皿Ravier(ラビエ)。


明るい黄色の釉薬に縁取りの茶色が効いており、伝統的なエレガントなフォルムであるレジェンス様式でありながらも、陶器の柔らかな質感の相反するイメージが調和しております。


夏野菜のサラダなど、緑の食材が映える器です。


それぞれに小さな欠けや擦り傷が器胎のところどころにございますが、大きな破損はなく、ふだん使いには問題なく楽しめる範囲です。

NEW
IMG_3030.jpg

Verre liqueur A
FRANCE
1800年代後期〜1900年代初期

直径 約8㎝
高さ 約9㎝

SOLD

リキュール用の脚付き厚底グラス。


脚なしのゴブレットタイプのものと比べると脚がついてるとエレガントな印象に。


やや黒っぽい色合いと、ゆらゆらした質感、なによりもカップ部の約半分〜三分の二を占める厚底部が面白く、見る角度によって空気が閉じ込められているように見えるのも印象的です。


こちらの主にリキュール用のグラスとなり、フランスではフルーツを蒸留したリキュールであるコニャックやブランデーなどを
楽しむために使われていたようです。


これからの季節は冷たいデザートなどに使われても良いでしょう。

NEW
IMG_2933.jpg

Pichet noir
FRANCE 
1800年代後期

直径 15㎝ ※把手含む
高さ 12㎝

SOLD

フランスの北、アルザス地方(または近辺)の黒い水差し。


ほどよいサイズ感で、外側内側ともに真っ黒またはかなり濃いめの茶色の釉薬が存在感あり。


小ぶりなアイテムではありますが、やや厚手の造りかずっしりとしていて、下部の膨らみも相まってどっしりとした印象です。


かなり使い込まれていて、縁や胴体、把手などに擦れた傷がございますが、激しいダメージは無く、傷もかなり古い時代のもののため、馴染んでおります。


豪華な花もよいですが、地味な庭の花やなんでもない野草などが雰囲気的には似合いそうです。


NEW
IMG_2953.jpg

Planche à découper A
FRANCE 
1900年代初期

幅 14.5罰6.5㎝

SOLD

白い陶器製のまな板。


細かな貫入とうっすらと入ったシミの具合がちょうど良い雰囲気です。


ナイフ傷はなく、丁寧に使われていたと思われます。


チーズやケーキなどのサーブや器としてお使いいただくのはいかがでしょうか。


淵に小さな欠けが1箇所ございますが、古い傷のためなじんでおります。





NEW
IMG_2344.jpg

Pichet de alsace 
FRANCE 
1800年代後期

直径 15㎝ ※把手含む
高さ 11.5㎝

¥17.280

アルザス地方の青いピッチャー。


深い深い、まるで染めたばかりのデニムのような濃紺の青の色合いに心を奪われてしまいました。


アルザス地方の焼き物らしい花のモチーフも、青地に緑と薄い黄色(ほとんどクリーム色)で落ち着いており、なおかつ時を経て色合いに渋さが加わり可愛いだけではない雰囲気を醸し出しております。


また、内側も外と同じ濃紺の釉薬となっているので、全体が引き締まっていて大人っぽい印象です。


縁に擦り傷や器胎に小さな欠け等が見られますが、大きな損傷はなくどちらかというと大変よい状態と言えます。


IMG_2344.jpgIMG_2343.jpgIMG_2345.jpgIMG_2346.jpgIMG_2347.jpg
IMG_2348.jpgIMG_2350.jpgIMG_2349.jpgIMG_2351.jpg

購入数量

NEW
IMG_1986.jpg

Bol de culnoir 
FRANCE 
1800年代後期

直径 20㎝
高さ 13㎝

SOLD

Culnoirの耳付きボウル。


迫力のある(中ぐらいの鍋程度サイズで、ある程度の量のお料理に最適です。


明るめの焦げ茶色と内側の白いコントラストが渋くも優しく温かな雰囲気。


ぽってりと丸みをお帯びた器胎のフォルムが魅力的で、テーブルセンターや果物等の盛り皿としても絵になります。


縁にあまり目立たないあたり傷が1箇所、高台はかなりあたり傷が入っておりますが古いもののようでなじんでおります。
また、器胎や把手にあたり傷、擦り傷がございますが大きな欠けやヒビはなく、総じて良い状態です。


NEW
IMG_1994.jpg

Bol de culnoir A 
FRANCE 
1800年代後期

直径 16㎝
高さ 10㎝

SOLD


Culnoirの耳付きボウル。


丸みを帯びたぽってりとしたフォルムが可愛らしくも、味のある風合い。


細かな貫入がびっしりと入り、見込み部に削げが2箇所ありますがこの程度ならまだ許せる範囲内かと。


高台の大きめの欠けが少し残念ではありますが、こちらもまだ許容範囲内と言えます。

NEW
IMG_2003.jpg

Bol de culnoir B 
FRANCE 
1800年代後期

直径 15㎝
高さ 9㎝

¥15.120


Culnoirの耳付きボウル。


丸みを帯びたぽってりとしたフォルムが可愛らしくも、味のある風合い。


ぽってりしていながらも比較的薄造りのため、どことなくすっきりとしています。


縁のあたり傷と3箇所のニュウがございますが、全体としては問題ない程度となります。

IMG_2003.jpgIMG_2004.jpgIMG_2005.jpgIMG_2006.jpgIMG_2007.jpg
IMG_2008.jpgIMG_2009.jpgIMG_2010.jpgIMG_2011.jpgIMG_2012.jpg
IMG_2013.jpgIMG_2014.jpg

購入数量

NEW
IMG_2015.jpg

Bol de culnoir B 
FRANCE 
1800年代後期

直径 15㎝
高さ 8㎝

SOLD


Culnoirの耳付きボウル。


丸みを帯びたぽってりとしたフォルムが可愛らしくも、味のある風合い。


色の強い外側とのコントラストが特に際立つ1点。


縁のあたり傷や2箇所ニュウがございますが、全体としては問題ない程度。

NEW
IMG_0945.jpg

Théière Atelier Primavera 
FRANCE 
1920~1950

高さ 19㎝
幅  21㎝ ※把手〜注ぎ口まで

¥23,760

アールデコ時代のCreil et Montereau社製のティーポット。


1912-1972年の間、パリデパート'プランタン'の別館として存在したAtelier Primaveraの為に制作したコレクションとなります。


ボウル、カップ/ソーサーなど一通り出ておりますが、今回見つけてのはティーポットのみとなります。


実は私はアールデコのデザインがとても好きで、この時代のファッションもとても興味があります。


アールデコの時代は、映画や音楽/バレエなどの面においても革新的で斬新なデザインや作品が数多く生み出されました。


そのような時代の自由な空気感が、手彩色で施されたこちらの作品からも伝わってくるようです。


CREILといえば、王道のクラシックなスタイルのものも良いですが、このような現代的なアイテムも同時に取り入れ、ファッションのようにインテリアにおいてもミックス感覚を楽しみましょう。


※蓋に小さなチップ2箇所、本体の口部/底部にシミがございます。
※手彩色の為、色むらなどがございます。


IMG_0945.jpgIMG_0944.jpgIMG_0946.jpgIMG_0947.jpgIMG_0948.jpg
IMG_0949.jpgIMG_0950.jpgIMG_0951.jpgIMG_0952.jpgIMG_0953.jpg
IMG_0954.jpgIMG_0955.jpg

購入数量

NEW
IMG_0933 (1).jpg

Gobelet
FRANCE
1900年代初期
高さ 8.5㎝
直径 7㎝

SOLD

イニシャル入りのゴブレット。


薄手でとても軽く口当たりの良いグラス。


全体に施されたスパイラル状の模様と、注文主のものと思われるC・Rのサンドブラストによるイニシャルが特別感を与えます。


※多少の使用感はございますが、大きな傷や欠けなどはなく大変良い状態です。

NEW
IMG_0750.jpg

Plat culnoir A 
FRANCE
1800年代中期〜後期

高さ 4.5㎝
直径 20㎝

SOLD

Culnoirのプレート。

プレートとボウルの中間のようなある程度立ち上がりのある仕様となり、盛皿として活躍しそうです。


大きめの貫入と程よく使い込まれて、縁の削げや欠けが馴染んでいる雰囲気がよい印象。


裏側にヒビが入っておりますが、水漏れしませんでしたので貫通はしておりません。

NEW
IMG_0761.jpg

Plat culnoir B 
FRANCE
1800年代中期〜後期

高さ 4.5㎝
直径 22.5㎝

¥19.440

Culnoirのプレート。


プレートとボウルの中間のようなある程度立ち上がりのある仕様となり、盛皿として活躍しそうです。


細かくびっしりと入った貫入の表情が素晴らしく、大きな2箇所のヒビを鎹で3箇所補修しておりますが、それがとてもカッコよい。


縁に欠けや削げもございますが、馴染んでおりますのでそれもよい雰囲気。


※水漏れいたします。

IMG_0761.jpgIMG_0757.jpgIMG_0758.jpgIMG_0759.jpgIMG_0760.jpg
IMG_0762.jpgIMG_0764.jpgIMG_0763.jpgIMG_0765.jpg

購入数量

NEW
IMG_0767.jpg

Bol de culnoir A
FRANCE 
1800年代中期〜後期

高さ 8㎝
直径 17㎝

¥14,040

Culnoirのボウル。


縁に大き目の欠けがありますが、全体的に状態は良く、端正な雰囲気。


外側の茶色が濃く、内側の白とのコントラストがはっきりとしています。


水漏れはいたしません。


IMG_0767.jpgIMG_0768.jpgIMG_0769.jpgIMG_0771.jpgIMG_0770.jpg

購入数量

NEW
IMG_0773.jpg

Bol de culnoir B
FRANCE 
1800年代中期〜後期

高さ 8㎝
直径 17㎝

¥14,040

Culnoirのボウル。


素朴で使い込まれている感じがよい雰囲気。


貫入の入り方が面白く渋い一品です。


水漏れはいたしません。

IMG_0773.jpgIMG_0772.jpgIMG_0774.jpgIMG_0775.jpgIMG_0776.jpg

購入数量

NEW
IMG_0778.jpg

Bol de culnoir C
FRANCE 
1800年代中期〜後期

高さ 9㎝
直径 21㎝

¥16,200

中サイズのCulnoirのボウル。


貫入の入り方や使い込まれた雰囲気がとてもよい感じではありますが、大きなヒビが数カ所入っており、水漏れもします。


すぐにでも壊れてしまいそうというほどではありませんが、観賞用など限定した使い方となります。


果物などの盛り皿としてテーブルトップにてお使いなられてはいかがでしょうか。

IMG_0778.jpgIMG_0777.jpgIMG_0779.jpgIMG_0780.jpgIMG_0781.jpg

購入数量

NEW
IMG_0783.jpg

Bol de culnoir D
FRANCE 
1800年代中期〜後期

高さ 10.5㎝
直径 22㎝

SOLD

中サイズのCulnoirのボウル。


細かな貫入の入り方が美しく、膨らんだ器胎が特徴です。


高台にやや目立つ欠けと縁に窯キズ?と思われる小さなキズが数カ所があるだけで、コンディションはかなりよい方です。

NEW
IMG_0788.jpg

Bol de culnoir E
FRANCE 
1800年代中期〜後期

高さ 12㎝
直径 29㎝

SOLD

特大サイズのCulnoirのボウル。


使い込まれてやややれた感がございますが、野菜でも果物でも盛り皿としてテーブルトップでメインとなりそうな迫力がございます。


削げ、あたりキズが無数にございますが、大きな欠けやヒビはなく、水漏れもいたしません。

IMG_0297.jpg

Plat en étain 
FRANCE 
1700年代〜1800年代初期

直径 33㎝
高さ 3.5㎝

SOLD

幅広リムの錫と鉛の合金'ピューター'(仏エタン、étain)の皿


バランス・存在感とも秀逸な逸品です。


全体的に経年変化により黒く変色しておりとても良い雰囲気。


大きなダメージもなく、大変状態がよいです。


やや大ぶりとなりますが、見込み部はスープ皿程度の大きさとなりますので、現実的なサイズかと。


果物などの盛り皿としても重宝しそうな一枚です。


正面のリム部にバラとクラウンそしてフルールドリスの刻印が入っておりますが、詳細は不明です。


※所々に引っかき傷やシミ、あたり傷、凹みなどがございますが全体の雰囲気を損ねるほどではございません。

IMG_0107.jpg

Plat de culnoir rectangulaire 
FRANCE
1800年代後期

幅 約25×30㎝
高さ 5.5㎝

SOLD

長方形のCulnoirのプレート。


内側は黄釉、外は茶色なので正確にはCulnoirと言って良いかわかりませんが、雰囲気は同じ系統です。


びっしりと入った細かな貫入と、ナイフ傷(肉を切ったのでしょうか?)が抽象画のようで非常に味わい深く格好良い。


ずっしりと重く、存在感がございます。


マキ式のコンロで調理に使われていたようで、裏に焦げめがございますがそれも良い雰囲気です。


バックスタンプからLILLEのG.DE.BRUYNという工房で作られたもののようですが、検索するとアールヌーヴォー期〜アールデコ期にアーティスティックな作品を手がけているようです。
そこの工房が作った普段使い用の作品なのかもしれません。


平皿やボウルなどと比べると圧倒的に見かけることが少ないトレータイプのCulnoir。


コレクションに加えてみてはいかがでしょうか。


※縁に当り傷などが見られますが、大きな欠けやヒビはございません。

IMG_0117.jpg

Bol de APT 
FRANCE 
1800年代後期から1900年代初期

直径 12.5㎝ 把手含む
高さ 7㎝

SOLD

南仏の小さな村APT焼きの耳付きボウル。


爽やかな色合いの黄釉と黄緑のコントラストが楽しく、印象的です。


以前にも少し大きめのタイプを扱ったことがありますが、久々にわくわくするデザインが可愛いやつ。


流れるような黄緑の模様は、見る角度によって様々な表情を見せてくれます。


手のひらサイズと小ぶりなので、やや派手めのデザインではありますが邪魔にならずにちょうど良い存在感かもしれません。


※ニュウが一本入っておりますがヒビというほどのものではございません。


IMG_9546.jpg

Pot de confiture A
FRANCE
1800年代

口部直径 10.5㎝
高さ 6.7㎝

¥12.960

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_9543.jpgIMG_9546.jpgIMG_9545.jpgIMG_9544.jpgIMG_9547.jpg

購入数量

IMG_9551.jpg

Pot de confiture B
FRANCE
1800年代

口部直径 11.2㎝
高さ 7㎝

¥12.960

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_9548 (1).jpgIMG_9551.jpgIMG_9550.jpgIMG_9549.jpgIMG_9552.jpg

購入数量

IMG_9556.jpg

Pot de confiture C
FRANCE
1800年代

口部直径 10.2㎝
高さ 7.7㎝

SOLD

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_9561.jpg

Pot de confiture D
FRANCE
1800年代

口部直径 11㎝
高さ 8.6㎝

¥12.960

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_9558.jpgIMG_9561.jpgIMG_9559.jpgIMG_9560.jpgIMG_9562.jpg

購入数量

IMG_9601.jpg

Pot de confiture E
FRANCE
1800年代

口部直径 10.2㎝
高さ 6.5㎝

SOLD

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_9571.jpg

Pot de confiture F
FRANCE
1800年代

口部直径 11.5㎝
高さ 6.7㎝

SOLD

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_9576.jpg

Pot de confiture G
FRANCE
1800年代

口部直径 9.7㎝
高さ 9.5㎝

SOLD

吹きガラスのジャムポット。


特徴的な形状のこちらのガラス器は、主にジャムを保存するために使われていました。


吹きガラスのため、独特なユラユラとした表面や歪んだフォルムなどに愛嬌がございます。

当時は布を蓋代わりにしておりましたので、紐で縛ってとめやすいようにこのような形状となっております。


ガラスものに関する文献によると、このタイプの形のものは18世紀(1700年代)~存在するそうですが、現実的な感じとしてORLANDOでは1800年代と記させていただきます。

サイズ感がよく、当初の用途のようにジャムやペーストのようなものを保存するもよし、お惣菜を入れたり、冷静のスープように使ったりと、様々な用途に活躍しそうです。


細かな擦り傷はそれぞれ認められますが、ヒビやかけなどは一切ございません。
※底部の処理がラフな仕上げとなりますが、制作当初からのものです。

IMG_8546.jpg

Plat Cul noir 
FREANCE 
1800年代中期

幅  28×36cm
高さ 3.5㎝

SOLD

大変状態のよいCul noirの花形リムのプレート。


少し大きめですが、シーンを限定するほどの大きさではございませんので、お料理好き、ご家族とのシェアでしたら普段使いにもよく、また、特別な機会でのメイン用に存在感のある一枚です。


おもて面はやや青白く、使い込まれてびっしりと貫入が入っておりますが、ナイフ傷はあまりついておりませんので綺麗な状態。


縁の部分に軽いあたり傷のような物がございますが、釉薬がかかっていない部分が所々にあるため、傷に見えずに馴染んでおります。


縁から裏側にかけての釉垂れの景色が素晴らしく、裏側を飾って楽しみたいほどです。


僅かに全体的に反りがございますが、殆ど気にならない状態です。
※ナイフを使って使用される事がなければ全く問題ございません。

IMG_8559.jpg

Bol Cul noir 
FRANCE 
1800年代中期

直径 25cm
高さ 6㎝

SOLD

Cul noirの深皿。


使いやすいサイズで雰囲気も抜群ですが、お直しがたくさん入っております。


このお直しがこの器の最大のポイントで、当時の直し方で大胆に修復されています。


東京国立博物館に所蔵されている足利義政が所蔵していた南宋時代の茶碗の直し方と同じで、馬蝗絆(ばこうはん)と呼ばれていますが、海外ではSTAPLE REPAIRなどと呼ばれています。


四方に入ったヒビは高台には届いておらず、いったいどうしてこのように割れたのかが不思議ではありますが、鉄の鎹で4箇所を上手に繕っています。


また僅かに縁に歪みがありますが、底部はまっすぐで安定しておりますので、ガタツキはございません。


汁物でなければご使用にはさほど問題もなく、果物入れなどにしても様になります。


内側に1箇所の当り傷のように見える部分は元から釉薬がかかっていない箇所で、縁に3箇所の釜傷がある他は、
大胆なお直しにもかかわらず大した傷はございませんので、大切に使われてきたことが伺えます。

IMG_8514.jpg

Pichet Cul noir S
FRANCE 
1800年代中期

幅 13cm ハンドル含む
高さ 13㎝
底部直径 6.5㎝

SOLD

Cul noirの小さなピッチャー。


とても状態がよく、縁に小さなあたり傷が見られる程度。


口元から広がる白い釉薬の縁取りがよい景色です。


太めでしっかりとしたハンドルとのバランス、キュッとくびれた足元もよい感じ。


花を生けるのに丁度よいサイズ。


ハーブ等の派手じゃない草花と相性がよさそうな雰囲気です。

IMG_8533.jpg

Pichet Cul noir M
FRANCE 
1800年代中期

幅 13cm ハンドル含む
高さ 14㎝
底部直径 7.5㎝

SOLD

Cul noirの小さなピッチャー。


ややピンク色に近い内側の釉薬と濃いチョコレート色のコントラストの間に見える素地とのバランスが絶妙。


やや使い込まれて口もとと底部の縁にあたり傷やそげが見られますが、全体的によい状態です。


内側にびっしりと入った貫入も見事です。


花を生けるのに丁度よいサイズ。


ハーブ等の派手じゃない草花と相性がよさそうな雰囲気です。

IMG_7890.jpg

Salière de nevers
FRANCE
1700年代後期~1800年代初期

幅 7.5×8.5㎝
高さ 5㎝

¥23.600

フランス中部の都市NEVERS(ヌヴェール)焼きの塩入れ。


とろりとしたのやや青白い釉に、手書きで花と模様が描かれております。


見込み部分と側面のモチーフは蝶?花?でしょうか、なんだかほっとする優しさがあります。


何箇所も欠けておりますが長生きしたものだけが許される風格が、小さな器胎から漂ってきます。

IMG_7889.jpgIMG_7890.jpgIMG_7884.jpgIMG_7886.jpgIMG_7891.jpg
IMG_7892.jpgIMG_7888.jpgIMG_7887.jpgIMG_7895.jpgIMG_7894.jpg
IMG_7893.jpg

購入数量

IMG_5568.jpg

Grand plat de Cul noir
FRANCE 
1800年代中期

直径 38㎝
高さ 5㎝

SOLD


特大サイズのCul noirのプレート。


一見エレガントな花形リムのプレーンなお皿に見えますが、直径38㎝の迫力のある特大サイズ。


Cul noir特有の厚く重量感のあるボディーにびっしりと入った貫入が美しく、時を経たものだけが醸し出す事のできる姿を証明しております。


裏側の黒い部分はほとんど黒に近いかなり濃いめのこげ茶で、ブラックコーヒーのようなこっくりとした深い色合いとなり、縁から流れ出る釉薬の景色も見事で、裏返して飾って楽しむ事もできます。


これだけボリュームがありながらも野暮ったい雰囲気はなく、且つエレガントなシーンにも野趣溢れるコーディネートにも映える魅力を持っています。


目視で確認できる傷はほとんど見当たらず、裏側に特有の釜傷のみの極美品となります。


IMG_5647.jpg

Plat a poisson 
FRANCE 
1800年代初期

幅  24×55㎝
高さ  4.5㎝

SOLD


魚用のロングプレート。


主に魚用として使われる、真っ白でトロッと質感が特徴的なロングプレート。


かなり大きめで、一般の家庭で普段使いにというわけにはいきませんが、あえて特別なシーンやプロフェッショナルな方にお使いいただきたいと思います。


錫と鉛などが原料となっている白錫釉の独特の、弾くとキーンと金属的な音がし、柔らかさの中にキリッとした雰囲気もございます。


白錫釉の上質な陶器を生産していたフランスのMOUSTIERSまたはNEVERSのものと思われますが、詳細は不明です。


魚用とは言っても、オードブルやパスタなど、使い方はシーンによって様々かと思います。


迫力の大きさと長い形状を存分い生かした使い方を楽しまれてはいかがでしょうか。


※縁に5箇所1㎝弱のあたり傷、わずかな削げ、うっすらとヘアライン等がございますが、ご使用に差し支えはございません。(お写真でご確認ください)
※正面の中ほどに焼成時に出来たほつ、裏面に3箇所釜傷がございます。


IMG_5380.JPG

Bol d'Alsace
FARANCE
1800年代中期〜後期

直径 24.5㎝
高さ 9㎝

¥24,150


フランスのアルザス地方で作られたボウル。

アルザスならではの渋めの柿の様な色合いにのベースに、線と点で描かれた特徴的な模様がよく映えます。

置いてるだけでも楽しめる雰囲気が魅力的ですが、大振りな鉢ですので、季節の野菜や果物を盛りつけて、テーブル上に飾っていただき活用も出来ます。

かなり使い込んでいて、縁に削げや古い時代の欠け、器胎の側面に大きなあたり傷がございますが、まだまだ現役として活躍していただけます。

IMG_5380.JPGIMG_5384.JPGIMG_5381.JPGIMG_5382 - バージョン 2.JPGIMG_5390.JPG
IMG_5385.jpgIMG_5386.JPGIMG_5388.JPGIMG_5387.JPGIMG_5389.JPG

購入数量

IMG_5980.JPG

アブサンスプーン A
フランス
1900年代初期〜中期

長さ 16.3㎝
幅  3.5㎝  最大値

¥3,000

フランス アブサン用のスプーン。

アニスをベースにしたリキュールであるアブサン(ABSINTHE)を飲む際に使われていた専用のスプーン。

グラスにスプーンを乗せ、透かしの部分に角砂糖を置きアブサンを上から注いだ後、砂糖に火をつけてその熱で溶かし、残った砂糖ををスプーンごとグラスに入れてかき混ぜ、最後に水を注いで水割りにして飲みます。

把っ手と頭の間に、グラスに置いた際に安定する様に溝が施されております。

世紀末のパリで流行したアブサンは、ゴッホ、ロートレック、ピカソ、ボードレール、ヴェルレーヌ、ランボー等、当時の新時代の芸術家に愛され、今も残る彼らが夜な夜な芸術談義に花を咲かせたカフェであるカフェ・フロール/カフェ・ドゥマゴや多くのビストロ等で提供されていました。

1900年代の始めには、その成分に中毒性があるとの事からヨーロッパ諸国で禁止となっていた時代がありましたが、近年に成分量の制限により解禁され、現在では大手の酒販店で手軽に求める事ができるようになりました。

経年による変色・錆などがでておりますので、実際のご使用にというよりは、形状の面白さからディスプレイとして楽しまれてはいかがでしょうか。

※質感や使用感からA/B/C/Dは1900年代に入ってからのもの、Eのみ1800年代後期のものと推測されます。

IMG_5981.JPGIMG_5982.JPGIMG_5983.JPGIMG_5984.JPGIMG_5985.JPG
IMG_5736.JPGIMG_6032.JPGIMG_5986.JPG

購入数量

 C
 長さ 16.3㎝
 幅  3.3㎝ 最大値

 ¥3,000

IMG_5997.JPGIMG_5998.JPGIMG_5999.JPGIMG_6001.JPG
IMG_6002.JPGIMG_6003.JPGIMG_6005.JPG

購入数量

 E
 長さ 16㎝
 幅  3.5㎝ 最大値
 ¥5,000

IMG_6023.JPGIMG_6024.JPGIMG_6025.JPGIMG_6026.JPG
IMG_6027.JPGIMG_6028.JPGIMG_6029.JPGIMG_6030.JPGIMG_6031.JPG

購入数量